寝屋川の野鳥園
画像をクリックすると次の写真を表示します
オオヒシクイ  琵琶湖 湖北(2006/2/11)

オオヒシクイの写真1



寝屋川の野鳥園 野鳥図鑑 あいうえお検索 新入園の野鳥 自己紹介
LINK/RING 野草 樹木 草花
野鳥日記 野鳥の生活 音学ノート エナガ先生の講義メモ 





北帰行
琵琶湖には冬沢山の鴨たちがやって来て賑やかだ。
特に今年の冬は新潟の瓢湖では大雪で生活できないためハクチョウを始め色々な鴨が南下してきたようだ。

二月も中旬になると北帰行の準備でオオヒシクイやコハクチョウも飛翔訓練を盛に行う。

でも鳥の種類によって帰る場所はいろいろ違うようだ

1.琵琶湖に多いコハクチョウは日本から4000kmも離れた北極海に面したツンドラ地帯まで帰り繁殖する

2.瓢湖に多いオオハクチョウは日本から3000km離れたロシア大陸の中央、タイガで繁殖する

3.オオヒシクイは日本に一番近いカムチャッカ半島へ帰っていく


注)タイガとツンドラ
このタイガ(針葉樹林)とツンドラの境界線をエコトーン(森林限界)という。
このエコトーンを境に広大な森が終わり、草と苔だけのツンドラに変わる。




inserted by FC2 system