寝屋川の野鳥園
画面をクリックすると次の写真を表示します
カルガモ  打上川治水緑地(2005年6月11日)
クリック
滝の前でどうしようか考えています。



 
クリック
カルガモのお母さん 一気に登りました  早く 着いてきなさい



かるがも  
今年は治水緑地で久しぶりにカルガモ親子を見た。
例年バン・カルガモが多く子育てする水門エリアではなく、その横に流れる川のなかで子育てをしていた。
見つけたときは生まれたばかりの10羽の小さな赤ちゃんが元気良くはねていた。
でも川には外敵が多い。  アオサギ、ゴイサギ、カラス、大雨での激流、
そしてかるがもあかちゃんには滝のように見える数多くの小さな堤

毎日一羽づつ消えて、4羽になってしまった

カルガモのお母さんは雛の数が数えられないようだ
堤で登れない雛がいても、雛が叫ばないとおいていってしまう

それにしても、水門ではなく厳しい川を何故子育て場所に選んだのだろう??




寝屋川の野鳥園 野鳥図鑑 あいうえお検索 新入園の野鳥 自己紹介
LINK/RING 野草 樹木 草花
野鳥日記 野鳥の生活 音学ノート エナガ先生の講義メモ 



inserted by FC2 system